映画「共に生きて」とは

「夫婦史-共に生きて-」ものがたり
大阪万国博覧会が開催された1970年。生まれた場所、時代が異なる二人は、撮影所の一角で運命的な出会いで結ばれます。記録係の槙坪夛鶴子(30歳)。見習い助監督の光永憲之(23歳)。
つかの間の幸せでした。槙坪さんは無理がたたってリウマチを発症、寝たきりの生活を余儀なくされてしまいます。毎晩、仕事が終わってから身の回りの世話に通う光永さんは、二人の交際を認めない父親から勘当を言い渡されたのです。以来、41年間、難病と闘いながら、映画人生を共に生きた二人の夫婦史が綴られます。
共に歩み、夫婦の思いを交えながら、仕事、子育て、病との闘い、親の介護を通して、お互いを必要とする関係を築いていった夫と妻。生き方、価値観が異なる二人を強く結びつけてくれたのは、『映画』だったのです。

 

「夫婦史-共に生きて-」企画意図
難病と闘いながら、平和を強く願い、共に生きる社会の実現を信じ続けて、7本の映画に想いを託した映画監督・故槙坪夛鶴子。
41年間に渡って、病弱な妻を公私共に支えながら、二人三脚の映画人生を刻んだ、夫・光永憲之(映画プロデューサー)。
この映画は、二人の出会いから別れまでの夫婦史を巡り、仕事、病、子育て、親の介護を通じ、互いを必要とする関係を築いてきた夫婦の姿を映し出します。
「シニア世代」……そう呼ばれるようになった時、私たちの第二の人生が始まります。出会いを大切にして、悔いのない人生を精一杯に生き抜く事を願って製作されます。

妻は重いリウマチを抱えながら、夢に向かって生き抜きました。
私は妻の生き方から多くの事を学び、私に生きる力を与えてくれた妻に感謝するばかりです。