夫婦史-共に生きて-永山試写会ご報告

本日、7月31日(金)多摩市立永山公民館で無料試写会を催しました。

夫婦史-共に生きて-

会場にお越し下さった方々とも直接お話が出来、やはり今の時代この作品の様に、自分史ではなく、夫婦お二人の絆を確かめる夫婦史の編纂が必要とされている事、また、「若い人や子どもたちにも観て欲しい」といったお声も頂戴したり、と改めて気付かされるご意見にふれる機会にもなりました。

いくつか御紹介させていただきます。

2015.7.31 永山公民館視聴覚室

50代男性「夫婦の歴史を記録された、とても良い作品でした」

60代女性「老夫婦だけではなく、若い世代にも観て欲しいと感じました。自分の人生を振り返る心境でした」

70代女性「子供達に観てほしい。感謝でいっぱいです」

70代女性「映画の背景に自分の生き様も重なり、とても感動しました」

皆様の貴重なご意見、ご感想ありがとうございました。
これからの活動で参考にさせて頂くと共に、この場を借りて厚く感謝申し上げます。
何もかも手探り状態ですが、こうして皆様とお会いする機会を今後少しずつ増やして行ける様に、頑張ります。

夫婦史「共に生きて」製作委員会