自分史・保育園〜小学校の記憶

母との出会い

私の両親は共働きで、二人とも映画製作に携わるスタッフとして働いていました。
二人の生い立ち、仕事への姿勢、子育ての取り組み方などは、パオ製作の映画「夫婦史-共に生きて-」で描かれています。

「母はすごい人」

子どもの頃から、母の映画を通して関わった友人や知人の方々に「お母さんってどんな人?」と聞かれる度、「よく知らないけど、すごい人」と答えていました。

これは、自分なりの素直な感想でした。
映画の仕事って不定時ですし、撮影が始まると帰宅も深夜つづき。
時には泊まりがけで家に帰って来ません。
そんなときは、祖母に看てもらったり、夜まで友人宅で預かってもらったり。
近所の定食屋さんに夕飯を食べさせてもらったり。
親が迎えに来た時には嬉しさで舞い上がり、安心感も手伝ってすぐに寝入ってしまっていたんじゃないか、と思う程、とにかく、ゆっくりと顔を付き合わせ、「今日はこんなことがあったんだよ」という雑談を交わした記憶がほとんどありません。

そんな風でしたから、もの心ついてからも暫く、母親がいったい何をしている人なのか、理解していませんでした。
ただ、何かぽつっと疑問に感じたことや質問をすると、わかりやすく、それでいて納得がいく答えを瞬時に出してくれた記憶もおぼろげに残っています。子ども心に「すごいなぁ」と思っていました。
慢性関節リウマチという重い病を抱えながら、映画監督としてメガホンをとり、やがて取締役として会社をたち上げた母。
周囲からの「槙坪さんすごいわねぇ」なんて感心されている姿を目にする様になって、本当にすごかったんだなと改めて納得したものです。
そういう意味では、母・槙坪夛鶴子は子どもの自分にとって近しい存在というよりも、ずーっと遠い地平に居た様に感じます。
おかしなもので、私が大人になり、母と一緒に仕事をするようになって、ようやく身近に感じられるようになりました。

振り返ってみると、私は映画の仕事を通じて、母親と過ごす時間を取り戻していったんでしょう。
それは、同時に自立できない自分自身と向き合う日々でもありましたので、社会人として「いかがなものか…」と自問する葛藤の連続の中、他社へ就職して一端離れたり、再びパオに関わったり。そんなことを繰り返しながら、徐々に気持ちの整理をしていけたんだと思います。

子どもの頃、「ただ一緒に居たい」そう願って止まなかった気持ちを叶える為に、私は今そばに居たい、関わっていたいんだと気付きました。そう自分の気持ちに素直になった瞬間、不思議と親と子のつながりも実感できたんです。
幼少期の数年間を取り戻すまで、私は十数年かかりましたが、ともあれ、もういつでも自分の人生を歩んで行ける、そう自信が持てるに至りました。
これからは、母が自分の助けを必要としている時に支えてあげよう、と考えられるようになった、その翌年母は亡くなったのです。
ハッキリとそう自信を持てるまで、ひょっとして母は待っていてくれたんじゃないか、今でもそんな気がしています。
パオの一員として、また息子として、母が残してくれた会社、映画に込めた想いを一人でも多くの人に知ってもらいたいと活動しています。

共に生きて製作委員会
光永龍太郎

自分史から夫婦史へ、夫婦史から自分史へ

昨年からはじめた多摩市出張上映活動は、今年2月の福祉大会まででちょうど半年。
沢山の方々と出会い、ご協力を頂きながらの映画会を実施して参りました。
映画を挟んで挨拶とお話をさせてもらう度に、私自身メッセージをちゃんと伝えきれたのかどうか、試行錯誤の日々でした。

一年前のちょうど今頃。
私が、映画「共に生きて」製作に合流する少し前の話です。
夫婦史をテーマに描くには、自分自身、夫婦の関わり方をもう一度見つめ直す必要があるなと思いました。
でなければ作ることができませんし、誰かに勧めるにしても説得力が持てないだろう、そう感じ書き出しました。
最初のキッカケをくれたのは父ですが、とにかく一度文章に起こしてみたんですね。

書いてみて分かったことは、夫婦史を考え始める前に、まずは「自分が今までどう生きてきたか」に向き合うことが大切だと知りました。向き合ってみて、何がどう現在の家族生活へと結びついているのかを自然と見つめ直せました。

現在、新たな上映会実施の機会をいただこうと各方面へお声掛けしています。
具体的な準備が始まるまで少し時間がありますので、このチャンスに自身の夫婦史、自分史をもう一度振り返ることにしました。

実は、書いてみてもう1つ大切なことに気付いたのですが、それは「発表する」ことの大切さです。
誰かに読んでもらうことを前提に書いたものと、自分の為だけに書きなぐったものでは、本人が読み返してもかなり印象が違いました。
本当に伝えたいことに焦点が絞られるので、結果として何が自分にとって大切な出来事だったのかを知ることも出来ました。
ということで、前回は製作委員会の皆で回し読みしてもらいましたが、今回ブログに載せたいと思います。
お読みになった方にとって、何かヒントになれば幸いです。

共に生きて製作委員会
光永

八王子市社会福祉協議会の後援をいただきました

このたび3月3日付で、社会福祉法人八王子市社会福祉協議会から後援をいただきました。

2016年度からは、多摩市を中心に、八王子市を含む近隣の都市、全国へ上映活動を拡げて参ります。
八王子市の自治会や住民協議会、NPO法人、行政や親の会など、上映会希望の方はぜひご検討ください。
お問い合わせは、企画制作パオ有限会社「共に生きて」製作委員会(tel.042-682-5130)まで。

平成27年度福祉大会・福祉バザー特別上映

2月27日(土)福祉大会で「共に生きて」の特別上映をおこないました。
24日から4日間に渡るイベント期間中、同3階多目的フロアでは、多摩市地元で活動されている、多くの市民グループやNPO法人による模擬店が福祉バザーを盛り上げていらっしゃって、手作りの自然食料理やお菓子が振る舞われていました。私たちも上映後に買って帰り、スタッフ皆でお昼に食べました。

福祉バザー

9:45からオープニングセレモニーとして、多摩市で活躍のダンスユニットLove2(ラブツー)さん達によるダンスパフォーマンスで開幕。明るく元気一杯の群舞からしっとりとしたデュオ舞踏まで幅広く、大いに会場を盛り上げていただきました。なんでも近々サンリオピューロランドで公演される予定だとか。多摩センターにお越しの際ぜひご覧ください。
オープニング後に、司会を多摩市社会福祉協議会の方から大妻女子大学の学生さん達にバトンタッチして、映画「共に生きて」上映へという運びでした。少し時間が余った為、急きょアドリブで私が2分程つないでご挨拶させていただきましたが、手話通訳の方も飛んで来て下さいました。皆様にご協力をいただき、予定していた50席もほぼ埋まって、大変あたたかい上映会になりました。感謝申し上げます。

web-img_huuhushi8

上映後にご覧になった方に「この映画を観て良かった」と感想を頂戴し、こうした機会に映画を上映できたことを大変嬉しく思いますともお伝えしました。
司会進行された学生さんたちとも「多摩市に関わるいろいろな人たちが盛り上げる会になって良かったです」と話しました。

共に生きて製作委員会

東寺方自治会館で本日上映会です

本日は、東寺方自治会館で上映会です。
午前中は雨模様ですが、天気予報よりも早めに降っていますので、午後は晴れ間も差してくれるのでは…と願っています。
お足元のわるい中ですので、ご来場される皆様どうぞお気をつけ下さい。

来週いよいよ、多摩市社会福祉協議会さん主催の福祉大会で特別上映します。
この様な機会を頂き、大変嬉しく思います。私たちも福祉バザーを一緒に盛り上げて参ります。
どうぞよろしくお願いします。

共に生きて製作委員会

本日、ケアプラザ多摩にて映画上映会です

本日これから、社会福祉法人蓬莱会さん主催で、高齢者総合ケアセンターケアプラザ多摩へ入所していらっしゃる方とそのご家族を対象に、映画「夫婦史-共に生きて-」の上映会をおこないます。

多くの人々に支えられながら、夫婦二人三脚で歩んだ夫婦史を描くこの作品は、ご夫婦の友人・知人、恩人との支え合いだけでなく、子どもや親といった家族とのふれ合いを通して、より深まっていくというメッセージでもあります。ですから、今日の様に、おじいちゃんおばあちゃん、お母さんお父さんとご家族の方々が一緒に映画をご覧になる機会をいただいて、本当に嬉しく思っています。

ぜひ、この映画会が、ご自身のご家族の物語にふれてお話していただくキッカケになりますように。

共に生きて製作委員会

2月27日(土)福祉大会で「共に生きて」特別上映します

昨年、多摩市で永山公民館ベルブホール、パルテノン多摩ほか、地域の福祉・医療センター、多くの自治会などコミュニティで上映して参りました。
その活動が認められ、多摩市社会福祉協議会主催の「平成27年度福祉大会」で、映画上映いたします! 福祉バザー期間中の催しもの(無料上映)ですので、是非この機会にバザーにお越しになって、映画もご覧いただけたなら幸いです。

平成27年度福祉大会

日時:2月27日(土)10時45分〜11時45分
場所:総合福祉センター3階 多目的フロア(100席)
>>上映会場のご案内

同会場の福祉機器展示コーナーでは、福祉バザーが2月24日より4日間、催されています。
詳しくは、市内に配架されている【ふくしだより1月号】をご覧下さい。

※この日は、聴覚障がい者の方のために日本語字幕付きブルーレイを上映いたします。
副音声はございませんが、ナレーション中心なので視覚障がい者の方もご鑑賞いただける作品です。

共に生きて製作委員会

エステート鶴牧4・5映画上映会のご報告

1月30日(土)に、多摩市鶴牧で映画「夫婦史-共に生きて-」の上映会に行って参りました。
集会所をお借りしての出張上映会は、昨年から継続実施して参りました。
今回の様に、住宅管理組合の皆様に映画や上映活動の主旨をご理解いただき、ご協力を頂く中で上映できたことを心より嬉しく思います。実際にお住まいの方が積極的に関わって下さった会では、参加される住民の皆様にとってもあたたかい交流の場になっている様子です。
せっかくの集会所ですから、是非この映画上映会を利用して住民の皆様同士の交流をはかるキッカケにして頂けたなら幸いです。

今週の2月5日(金)、ホームタウン鶴牧で出張上映会に伺います。
製作委員会では上映会のご依頼を承っています。関心がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

共に生きて製作委員会
Tel.042-682-5130

さわやか終末研究会で映画上映会いたしました

1月14日、永山公民館で開かれた、さわやか終末研究会主催の地域医療に関する学習会にて、映画「夫婦史-共に生きて-」の上映会をいたしました。

来年度以降の、行政と民間委託事業を含む医療サービスを見据え住民の方々を招いて情報交換・質疑応答をする会でした。
色々なお話を伺う中で感じたことは、医療や福祉に限らずやはり100%完成されたサービスは無いのですから、何か不測の事態があった場合、実際にお住まいの方々が個人団体一緒になって助け合ったり関わり合ったりして対応する大切さ、必要性があるということでした。
夫婦の絆を中心に、人と人との出会い・関わり合いを描く「映像で綴る夫婦史-共に生きて-」と共通するテーマがあると思います。

共に生きて製作委員会

あい介護老人保健施設の映画上映会ご報告

1月13日、医療法人財団天翁会さんのあい介護老人保健施設で上映会に伺いました。
通所されている方、お泊まりされている方、そしてスタッフの方々も一緒に、30名以上の方々が映画をご覧下さいました。

あい介護老人保健施設

上映後には、涙をためてらっしゃる方やご自身の人生と重ねてご覧になった方に、直接感想を頂戴する機会もいただき、本当に映画をお届け出来て良かったなと感じました。

「自分史、夫婦史、家族史を映画化する」と一口にご説明しても、なかなか伝わらない場面が多い中、この映画「夫婦史-共に生きて-」をご覧いただいた皆様には、確かなテーマを感じとっていただけている印象を持っています。

今まで実施して参りました上映会場では、なぜ夫婦史なのか?という疑問をお持ちの人の方が、映画を観るとスッと腑に落ちるご様子でした。人は人との関わり合いの中で、自分自身を見つめ直し、やがて自分の人生を歩み出す。その一番近しい相手が、夫婦でありパートナーであり、家族です。
ご近所付き合いが少なくなっている昨今。地域医療・福祉といった生きていく上で必要なサービスを提供する側にとって、そして受け取る側にとっても共通の課題なのは、地域での営みを支える協力関係を、どうやって互いに作っていくのか、そのためにひとりひとりがどう関わっていくのか、といった意識を持つことが大切だと感じています。
映画を通して、一人でも多くの方に気付いていただけるキッカケづくりに励んで参ります。

共に生きて製作委員会