映画の上映と開かれた対話

映画『映像で綴る夫婦史-共に生きて-』の上映と、オープン・ダイアローグ(開かれた対話)セッションを、八王子市後援のもと南大沢文化会館で開催します。

映画の上映と開かれた対話オープンダイアローグ説明

詳しい情報は【パオホームページ上映スケジュール】をご確認ください。
事前のお申し込みが必要ですので、お電話またはメールにてご連絡ください。

お問い合わせお申し込みは、共に生きて製作委員会/パオまで。
Tel.042-682-5130

ひとこま自分史展示会

台風9号が上陸し、関東一帯が暴風域に入って参りました。
ここ八王子市鹿島にある事務所も、朝からずっと雨と強風にさらされています。
今日はできるだけ外出を控えた方が良さそうですね。

今日はお知らせです。
8月23日(火)〜9月4日(日)まで開催される「ひとこま自分史展示会」に、映像で綴る夫婦史「共に生きて」制作したパオ代表として、私もゲスト参加させていただきます。コーヒーショップ白樺さんには何度かお邪魔していて、大木のウロをくり抜いた様な店内、木のぬくもりに囲まれいただく珈琲がとても美味しい喫茶店なので、ぜひお立ち寄り下さい。私のおすすめはアイスコーヒーです。

共に生きて製作委員会 光永龍太郎

ひとこま自分史展

第1回楽楽自分史サークル展
楽楽自分史サークルは、多摩市民企画講座をきっかけに生まれた、自分史執筆サークルです。
定例会を開催し、児童文学作家の菊地澄子先生に、各自の文章を丁寧に添削ご指導して頂き、自身の人生のひとこまを自分史として書き上げました。ご覧いただき、ご自身の自分史をお書きになるきっかけになれば幸いです。
ぜひともご来場ください。

指導者/菊地澄子
参加者/岩崎孝枝、谷川充信、橋本英樹、五来尚子、土屋キヨコ、長谷川豊子、光永龍太郎(ゲスト)

開催場所/COFFEE SHOP白樺(月曜定休)
多摩市貝取1-50-15
TEL.042-376-4586
URL/http://tama-navi.net/popup/shirakaba.html

・京王/小田急永山駅1番乗り場より「多摩センター」行きバス「貝取北センター」下車徒歩1分
・京王/小田急多摩センター駅8番乗り場より「永山駅」「聖蹟桜ヶ丘駅」行きバス「とちのき公園」下車徒歩1分

後援/有限会社多摩ネットワークセンター(週刊もしもししんぶん)
企画制作パオ有限会社(映画「共に生きて」制作)

八王子市から後援を頂きました

先日、八王子市教育委員会に後援をいただいて、生涯学習センター南大沢分館にて無事上映会を終えました。

そして、八王子市学園都市文化課の後援を頂戴し、9月25日(日)に南大沢文化会館で映画「共に生きて-映像で綴る夫婦史-」上映会を開催いたします。詳細が決まりましたら、このブログやパオのホームページで告知いたします。

共に生きて製作委員会

生涯学習センター南大沢分館で上映講演会を開催します

6月25日(土)と7月2日(土)に、映画「夫婦史-共に生きて-」無料上映会を開催します。
14:00上映、15:00講演。終了は15:30を予定しています。
当日ご希望の方に、講演資料(資料代として300円いただきます)をお配りいたします。

会場
〒192-0364 八王子市南大沢2-27 南大沢総合センター2階
電話:042-679-2208

京王相模原線南大沢駅から徒歩3分のところ、南大沢総合センター。
中郷公園の目の前で、南大沢文化会館と一続きの建物です。
そちらの2階が生涯学習センター南大沢分館になります。

後援:八王子市教育委員会 八王子市社会福祉協議会

お申し込み
事前にお申し込みください。6月20日が〆切です。

お申し込みお問い合わせ先
共に生きて製作委員会・企画制作パオ
電話:042-682-5130

八王子市教育委員会から後援いただきました

この度、八王子市教育委員会より後援をいただきました。
つきましては、南大沢で上映会を行います。

多摩ニュータウンエリアにお住まいの皆様へ。
チラシを目にする機会がございましたら是非お手にとってご覧ください。
どうぞお気軽にご参加ください。お待ちしております。

共に生きて製作委員会

自分史、夫婦史、家族史を映像で残したい!

共に生きて製作委員会では、多摩ニュータウンエリアを中心に、映画「共に生きて」の上映活動を広げています。
映画上映を通して、夫婦や家族の中であらためて話し合ったり、地域での交流のきっかけづくりに取り組んでいます。
生涯学習センター南大沢分館
また企画制作パオでは、自分史や夫婦史、家族史を映像で残したい! という方のために映像製作をしています。
映画「共に生きて」をご覧いただいて、ご興味があれば、詳しくご説明差し上げています。

多摩テレビ TTVスペシャルで放送します(GW明けすぐ)

多摩ニュータウンでスタートした「夫婦史-共に生きて-」上映活動。
映画を広める活動の模様を、多摩テレビさんが密着取材して下さっていましたが、このたび番組としてゴールデンウィーク明けすぐ放送されることとなりました!

こちらの番組表を見かけたら、是非お手に取ってご覧くださいね。
多摩テレビ情報誌たまテレ
私たちもずっと心待ちにしていたので、大変嬉しい気持ちで一杯。
多摩地区に住む友人や知人と一緒に番組を楽しみたいと思います。

番組:TTVスペシャル「映画と共に」
放送:5/6(金)、5/13(金)19:30〜

TTVドキュメント映画と共に

共に生きて製作委員会
光永

八王子市で映画上映活動はじまりました

今日これから、蓮生寺公園通り一番街団地へ出張上映会に伺います。
多摩市以外の上映会としては、昨年のあいち国際女性映画祭に続き二ヶ所目、八王子市では初上映です。また今夏には自分史講座と上映会、秋には福祉イベントで上映などを企画進行中です。

映画「夫婦史-共に生きて-」のお知らせや、上映ご希望の方は、お気軽にこちらまでお問い合わせ下さい。

共に生きて製作委員会・企画制作パオ
電話:042-682-5130
ファックス:042-682-4108

八王子市社会福祉協議会の後援をいただきました

このたび3月3日付で、社会福祉法人八王子市社会福祉協議会から後援をいただきました。

2016年度からは、多摩市を中心に、八王子市を含む近隣の都市、全国へ上映活動を拡げて参ります。
八王子市の自治会や住民協議会、NPO法人、行政や親の会など、上映会希望の方はぜひご検討ください。
お問い合わせは、企画制作パオ有限会社「共に生きて」製作委員会(tel.042-682-5130)まで。

平成27年度福祉大会・福祉バザー特別上映

2月27日(土)福祉大会で「共に生きて」の特別上映をおこないました。
24日から4日間に渡るイベント期間中、同3階多目的フロアでは、多摩市地元で活動されている、多くの市民グループやNPO法人による模擬店が福祉バザーを盛り上げていらっしゃって、手作りの自然食料理やお菓子が振る舞われていました。私たちも上映後に買って帰り、スタッフ皆でお昼に食べました。

福祉バザー

9:45からオープニングセレモニーとして、多摩市で活躍のダンスユニットLove2(ラブツー)さん達によるダンスパフォーマンスで開幕。明るく元気一杯の群舞からしっとりとしたデュオ舞踏まで幅広く、大いに会場を盛り上げていただきました。なんでも近々サンリオピューロランドで公演される予定だとか。多摩センターにお越しの際ぜひご覧ください。
オープニング後に、司会を多摩市社会福祉協議会の方から大妻女子大学の学生さん達にバトンタッチして、映画「共に生きて」上映へという運びでした。少し時間が余った為、急きょアドリブで私が2分程つないでご挨拶させていただきましたが、手話通訳の方も飛んで来て下さいました。皆様にご協力をいただき、予定していた50席もほぼ埋まって、大変あたたかい上映会になりました。感謝申し上げます。

web-img_huuhushi8

上映後にご覧になった方に「この映画を観て良かった」と感想を頂戴し、こうした機会に映画を上映できたことを大変嬉しく思いますともお伝えしました。
司会進行された学生さんたちとも「多摩市に関わるいろいろな人たちが盛り上げる会になって良かったです」と話しました。

共に生きて製作委員会