自分史・小学校にあがって

友人Kとの出会い

未就学児の頃から独りぼっちの時間が長いうち、家遊びが板に付き、めっきり外遊びに不慣れになったと前回話したものの、よくよく思い出すと、最初っからそうでも無かったことに気が付きました。
というのも、小学1年生の時、担任の先生を通してY君のお母さんに、

「うちの子と一緒に遊ばないで欲しい」

と頼まれたことがあるんです。
正確には、そういう内容の電話を私の母が受けた訳です。
私と遊んでいると、悪い意味で先生に目を付けられる、成績評価も悪くなる、だから申し訳ないけれど、と電話口で泣かれたそうで。詳しくは大人になってから後に母が話してくれたんですが。

その頃の私は、小学校は気分転換の場、ストレス発散に行っている様なものでしたから、授業態度は決して良いとは言えなかったはずです。ほとんど記憶に無いのが残念ですが、先生側からしたら困った生徒だったと思いますから、Y君のお母さんも先生にそう言われちゃ、うちに相談せざるを得なかったんでしょうね。
我が母は、そう言われて何を思ったんだろうと、自分の娘がそう扱われた場合を、親になって想像したりしました。でも当時、特にY君の母親に対しても、私に対しても、先生に対しても異議を唱えたり、諭したり、抗議したりしませんでした。

母は、私にはただ一言、担任の先生ってどんな先生かと聞きました。
自分はこういうところが幼かったんですが、「字がとてもきれいなんだよ」なんて無邪気に答えました。
それを聞いて、せっかく悪い印象を持ってない様だから、あえて事情を話す必要も無いと判断したとのこと。これも大人になってから母が教えてくれた裏話なんですが。
とにかくこれを境に徐々に疎遠になっていき、お互いの家(といっても我が家は誰も日中居ないので、もっぱらY君家)へ遊びに行くことも無くなりました。

当時も今も「そんなもんなのかな」と、その点は特に疑問は湧かないで済んだのは、私が恵まれていたからでしょう。
「明日から光永君と遊ばないように」って自分の親から念を押されて、その上、私とは学校で顔合わせなきゃならなくなったY君のことを思えば、申し訳ないやら恥ずかしいやら。私はいつも通りで良いのに、彼は毎日そんな気苦労を抱えていたわけですから。
ただ、私にとって、それだけ毎日毎日一緒に遊んでいた級友が確かに居たんだ、というのが嬉しく感じます。

それと、実は同じクラス3人グループで遊んでいたので、もう一人のお母さんも、ウチと同じく件の電話を貰ったそうなんです。
この一件で遊ばないように言われた者同士が、以前にも増して仲良くなったんだと思います。学年が上がり、クラスが別々になっても小学校六年間ずっと一緒に登校しました。
それが今回の主役、友人K君その人です。

面白いのは、私はまったくこの一件について深く理解してなかったのに対して、K君は子ども心に憤りを感じたと言っていました。
感じ方一つとっても、同じ子どもで大分違うものですね。

思いのほか前段が長くなってしまったので、K君の話は次回に致します。

共に生きて製作委員会
光永 龍太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です