貝取4-1と都営貝取2-10上映会のご報告

一昨日と昨日、貝取4-1と都営貝取2-10集会所にて映画の上映をしました。
今まで参加くださったなかで、初めて10代のお客様でした。映画も、青年向き・成人向きダブル選定ですので、幅広い年齢層に向けて発信していきたいと改めて思いました。
夫婦史「共に生きて」で描かれる槙坪夛鶴子と、同校の方がご来場いただいたりと、不思議な出会いなど嬉しい偶然が沢山ありました。

理事会、自治会長様におかれましては、この度の上映会実現に大変ご尽力いただきました。
当日も集会所にお越しになって、自ら声掛けして下さった方々を迎え入れたりと、積極的に上映会実現と成功に関わって頂きました。この場を借りて感謝申し上げます。

土曜の午前中は、多摩・市民プロデュース研究会(TPK)の集まりに見学参加して頂きました。
市民活動されている個人や団体の、情報交換や交流の場ということで伺っていましたので、私どももアドバイスやヒントを頂戴できれば…とお邪魔した次第です。
その折、会場となった聖蹟桜ヶ丘VITAのボランティアセンターに於いて、先週の自治会上映会に参加下さった方と偶然お会いするなど、皆様のおかげで少しずつ、でも着実に映画活動の広がりを実感しております。

本日は、聖ヶ丘2丁目集会所で2時から上映会です。
日和も良いですので、ぜひ皆様ご参加いただければ幸いです。

共に生きて製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です