多摩テレビTTV-NOWで「夫婦史-共に生きて-」紹介!

多摩エリア内の催しやイベントを届ける番組、多摩テレビ「TTV-NOW」のコーナーにて、10月8日(木)パルテノン多摩で行う映画「共に生きて」の上映会紹介をして頂けることになりました。

多摩テレビTTV-NOW

9月27日(日)から10月3日(土)8:15、15:00、21:00、23:15の1日4回放送です。皆様ぜひご覧ください。

10月8日(木)東日本大震災チャリティ上映会

夫婦史《共に生きて》文部科学省選定作品
東日本大震災チャリティ上映会のお知らせ

映像で綴る夫婦史《共に生きて》上映会を多摩センター・パルテノン多摩で催します。映画上映後に、監督の講演も予定しています。

この度、文部科学省【社会教育(教養)青年向き・成人向き作品】に選定されました。是非この機会に、多くの皆様へご覧いただきたいと思います。

—夫婦の在り方、自分の生き方を見つめ直してみませんか—

日時:2015年10月8日(木)
14:00 開場
14:30 映画《共に生きて》上映(60分)
15:45 講演『なぜ、わたしは夫婦史を作ったのか(仮題)』(30分)

会場:パルテノン多摩 小ホール

多摩市落合2-35 Tel.042-375-1414
京王線・小田急線・多摩モノレール「多摩センター駅」下車 徒歩5分

後援:多摩市 多摩市社会福祉協議会

●参加費:おひとり500円/夫婦ペア800円/グループ3名様1200円

お申し込みは「共に生きて」製作委員会・パオまで。
お電話【042-401-9391】またはFAX【042-401-9392】で。

映像で綴る《夫婦史》説明会の開催

多摩センターで、映像で綴る《夫婦史》の説明会を催します。
夫婦の歴史を見つめ直すことは、限りある生命を生き抜くために一体どういう意味があるのでしょうか。
現在の自分、未来の自分に何を与えてくれるのでしょう。
映画「共に生きて(文部科学省選定作品)」の製作過程を具体例にしながら、皆様の夫婦史づくりの参考にしていただこうと思って、企画した会です。お気軽にご参加ください。

日時: 10月3日(土)11:00〜12:00
場所: たま・まち交流館1F
丘の上パティオ新館地下1階  電話042-355-6730

◎京王・小田急・多摩モノレール「多摩センター駅」徒歩3分

たままち地図

※入館口は2カ所あります
①パルテノン多摩駐車場向かい入口 ②駅側入口

入場: 無料
定員: 10名様

お申し込みは、共に生きて製作委員会まで。042(401)9391

※ご注意
映画上映ではありません(映画の上映は10/8パルテノン多摩で行います)

あいち国際女性映画祭2015国内招待作品

9月5日(土)あいち国際女性映画祭2015にて、映画「共に生きて」を上映していただきました。

愛知県女性総合センターの皆様をはじめ、映画をご覧くださった方々、関係者の皆様にご支援とご協力のおかげでとってもあたたかい上映会になり、また夫婦の歴史をご紹介するための素晴らしい機会にもなりました。
この場を借りて厚く感謝申し上げます。ありがとうございました。

あいち国際女性映画祭2015

共に生きて製作委員会